国際・地域奉仕活動

地域の皆さんとともに

名古屋YMCAは、YMCAの活動を支えるボランティアとスタッフが共に手を携えて活動を展開しているボランティアアソシエーションです。名古屋YMCAの活動を通じてボランティア精神を学ぶことができます。多様な領域と子どもから高齢者まで幅広いボランティア層が活動しているのもYMCAのボランティア活動の特色です。地域の諸団体や企業などと連携して、活動領域はさらに広がっています。
 

【2016年度市内中学生バスケットボール大会特設ページ】   クリック ⇒ バスケ(ボール).png

【第24回名古屋YMCAインターナショナル・チャリティラン特設ページ】   クリック ⇒ 図1.png

 

【第40回名古屋YMCA「平和の使者」クリスマスカードコンテスト特設ページ】   クリック ⇒ l_e_event_120.png

 

名古屋YMCA市内中学生バスケットボール大会(8月)

 50余年の歴史を持つ大会です。男女約200チーム(3,000人)が参加します。中学時代に選手として参加し、後に教員となってチームを率いて参加される先生も多く、運営にもボランティアとしてご協力いただいています。

image001.jpg

名古屋YMCAチャリティーラン(11月)

 障がいのある子どもたちの支援を目的に、"走って支援、寄付で支援"をしていただいています。様々な企業や団体からの6人編成のチームが出場し、駅伝レースを行ないます。出場参加費はすべて障がいのある子どもたちの体育活動、野外活動、学習活動などの支援に用いられます。
image003.jpg

名古屋YMCA「平和の使者」クリスマスカードコンテスト(11月~12月)

 平和への願いを込めて描かれた作品約1,500点が毎年寄せられます。選考を経て各賞を授与するとともに、数点をクリスマスカードとして製作し、世界各地に向けて「平和の使者」として届けられます。また、約200点の優秀作品は、一般の方にも見ていただけるよう公共の場に展示しています。
image005.jpg

名古屋YMCAクリスマスキャロル in JRセントラルタワーズ(12月)

 12月23日の夜、JRセントラルビル様のご協力をいただきタワーズガーデンを会場に、一般公募による100余名のサンタクロースの聖歌隊が合唱を披露します。最後には観客の皆さんと一緒になってクリスマスソングを歌い、クリスマスの喜びを分かち合います。
image007.jpg

日韓ユースセミナー

ソウルYMCAのユースとの相互訪問により交流を深めています。お互いの文化を尊重し、生活習慣などの違いを実感し、未来に向けての関係を草の根レベルで築いています。
image_nikkan.JPG

フィリピンワークキャンプ

日本人青年とフィリピン人青年が集落の中で生活を共にしながら、集会所を建設したりバスケットボールコート作りなどを行なって、コミュニティーために奉仕をしてきました。近年は災害後の心のケアーを行なったり、アジアを学ぶスタディーツアーの要素も取り入れつつあります。
image_camp.JPG

南京YMCAとの交流

姉妹都市である南京のYMCAとの交流が再開されつつあります。これから徐々にユースの交流が行なわれる予定です。
 

ロサンゼルスYMCAとの交流

同じく姉妹都市のロサンゼルスのYMCAとは、1964年以来の交流があります。当時高校生が海外に行くことは非常に珍しい事でしたが、後には小中学生がアメリカのキャンプに参加するようになりました。
image_losymca.JPG

チャリティーゴルフ

参加費や募金をその時々に必要とされている各種の支援に役立ててもらおうと、毎年1回ゴルフ大会を開催しています。
 

YMCA国際協力募金

「子どもたちによる、子どもたちのための募金」として、毎年街頭募金を行なっています。難民キャンプで暮らす子どもたちのことを思い、自分たちの気持ちを届けようと、子どもたちが街で募金を呼びかけます。募金活動の前後には、支援を必要としている難民キャンプのことや、難民が生まれた背景などについての学びの時ももっています。
 

YMCA・YWCA合同祈祷週集会

毎年秋に、世界YMCA同盟と世界YWCAが世界中のYMCA、YWCAに呼びかけて祈りと学びの一週間を過ごします。平和・人権・ジェンダーなどのテーマで祈ります。
 

名古屋YMCA早天祈祷会

毎週第一火曜日の早朝に、会員有志が集まって祈りの時を持っています。祈りはYMCA運動の原点です。どなたでも参加できます。